コーヒー

コーヒーで虫歯予防ができるって本当?その理由を解説します。

こんにちわ。yukariです。

今回はコーヒーが虫歯予防になるという説について書いていきます。

  • コーヒーが好きで毎日飲むから虫歯予防できるならうれしい
  • 逆に歯にはよくないって聞くけど…

私もこんな風に思っていました。

でも、色々わかってくるとコーヒーの飲み方が大事なんだなと思いました。

さて、早速詳しくみていきましょう。

コーヒーが虫歯予防になるのは本当!

コーヒーが虫歯予防になるポイントとなるのは、ブラックで飲むことです。

だらだら1日コーヒー飲んでると虫歯になるっていうじゃんね?

そう。それの一番の原因はコーヒー飲料に含まれている砂糖です。

もちろん、コーヒーに砂糖なしでミルクだけを入れたとしてもだらだら飲みはNGなのです。

牛乳にも糖は含まれているので、だらだら1日かけて飲んでいると口の中にはずっと虫歯菌のエサがある状態になってしまっています。

その状態をずーっと続けていると、虫歯になってしまうというわけです。

では、ブラックコーヒーが虫歯予防になるというのはどういうこと何でしょうか?

コーヒーポリフェノールの効果

 

コーヒーが虫歯にいいというのは、コーヒーポリフェノールの抗酸化物質の力なんです。

日本に流通しているコーヒーは二種類あって、アラビカ種が65%でロブスタ種が35%となっています。

この違いって何?

アラビカ種というのは病気うや害虫に弱いため、栽培する土が強くないと育たないんです。

そのため、コストがかかり価格が高くなってしまいます。

どんなコーヒーに使われているかというと、コーヒー屋さんで飲むコーヒーはほとんどがこのアラビカ種となっています。

え?でも聞いたことないよ?

有名なのはブルーマウンテンだよね?

 

そうですね。

そのブルーマウンテンもアラビカ種なんです。アラビカ種というのは大きな種類のくくりなので、その中にブルーマウンテンやキリマンジャロなど様々な品種があります。

そして、コーヒーポリフェノールの抗酸化物質が強いのはロブスタ種の方なんです。

ロブスタ種とは?

ロブスタ種というのは、アラビカ種と違って病気や害虫に強くとても丈夫なんです。

そのため、低コストで栽培が可能なのでとても安価で手に入ります。

じゃあこっちをメインにすればいいんじゃないの?

それが難しいのが、ロブスタ種の味にあります。

独特の香りや苦味が特徴で、アラビカ種と比べると苦味や渋みが強いので一般受けはしないんですよね。

このロブスタ種が主に使われているのが、缶コーヒーやインスタントコーヒーなんです。

ロブスタ種は抗酸化物質が多い⁈

 

じゃあ缶コーヒーやインスタント飲んでれば虫歯予防になるってこと?

そういうことになりますが、あくまでブラックコーヒーでということですよ。

でも、ガブガブ飲むと、コーヒーの酸によってエナメル質が溶けてしまうので、あくまで適量を飲んでくださいね。

コーヒーにはカフェインもたくさん含まれていますので、カフェインの摂りすぎは体によくありません。

不眠などの副作用が出てしまってはダメなので、自分自身の適量を守るようにしてください。

コーヒーの適量ってどれぐらい?

私が飲んでいるインスタントコーヒーの瓶には「1日3杯のポリフェノール効果」と書いてありました。

3杯はちょっと多くない?カフェイン気になるんだけど…

あまりコーヒーを飲まない人からすれば、そうなりますよね。

私なんかは逆に3杯が少なく感じるので、1杯を薄めに作って量を飲んでいます。

でも、この抗酸化物質はデカフェだとなくなるわけではないので、カフェインが気になる方はデカフェでもOKですよ。

ただ、デカフェはコストがかかる上にちょっと美味しくないという難点がありますが…。

大人のだらだら飲みは歯によくない!

仕事中にありがちなんですが、1日通してずっとコーヒーを飲んでいるというのはよくありません。

先ほどお伝えしたように、常に虫歯菌のエサが口内にある状態ですからね。

ブラックが苦手で、牛乳だけでも入れたい人は特に注意が必要です。

おやつタイムなどのコーヒーが欲しくなったタイミングで飲んで、そのあとはしっかり口をゆすぐなどのケアをしてあげてくださいね。

コーヒーの飲み方には、メリハリが大事ですよ。

だらだら飲食は再石灰化できない?!

食事をすると、口内が酸性に傾いてカルシウムなどが溶け出してしまいます。

その後再石灰化を行うのですが、だらだら飲食をしているとその再石灰化の時間がないので、虫歯になってしまうというのです

もちろん糖がないお茶やコーヒーでも要注意ですよ!

カフェインが含まれているものを飲むと、唾液が減っちゃうんです。

唾液が減るとどうなるのでしょうか?

唾液には虫歯菌を殺したり口臭を軽減したりしてくれる役割があります。

その唾液が減るというのは、お口にとっては大問題なんです。

まとめ

  • ブラックコーヒーで飲むと虫歯予防になる
  • コーヒーポリフェノールの抗酸化物質の効果
  • その効果が強いのは、ロブスタ種。
  • 歯のことを考えるならだらだら飲食はNG!

コーヒーは健康にいい説や悪い説など様々ありますが、私も含めて好きだから飲んでいる人がほとんどです。

趣向品で虫歯ケアができたらこんなに嬉しいことはないですよね。

カフェインだったり、コーヒーは胃に負担をかけたりもするのであくまで適量でお願いしますね。

 

広告

-コーヒー

Copyright© Caffè e tè , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.