コーヒー

デカフェとは?安全性は大丈夫なの?カフェインレスとの違いを解説!

こんにちわ。yukariです。

今回は、私も妊娠中にお世話になったデカフェコーヒーについてです。

デカフェやノンカフェインって安全なイメージないですか?

カフェインは体によくないから、カフェインがないほうがいいって今なんとなく思ってますよね。

でも、そんなことはないんです。

カフェインがダメな人以外は1日の摂取量を守ればむしろ体にいい効果をもたらしてくれるんです。

今回は、デカフェやノンカフェインそしてカフェインについてみていきます。

安全なデカフェについて知りたい方は、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

デカフェとノンカフェインってどう違うの?

まずは、デカフェ・ノンカフェイン・カフェインフリーなどいろいろな言い方がありますが、その違いって気になりますよね。

デカフェ・ノンカフェインなどの違いは?
  • デカフェ・・様々な方法でカフェインを除去したもの。物によってカフェインの含有量が変わる

  • カフェインレス・・もともとカフェインがほとんど含まれていないもの

  • ノンカフェイン・・もともとカフェインを一切含まない。

デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインを総称してカフェインフリーと呼ぶことが多いですね。

なので、カフェインが体質的に合わず摂取できないという場合は、ノンカフェインを選ぶようにしましょう。

 

どうやってカフェインを取り除いでいるの?

デカフェコーヒーのように元々カフェインがあるコーヒーからカフェインを取り除いている場合、そのやり方が気になりますよね。

私も色々カフェインフリーを試したのですが、通常のコーヒーより高い割には美味しくなかったり本当にこれ大丈夫なの?と気になったりして調べてみたんです。

 

薬品を使う方法

ジクロロメタンなどの薬品を使う方法です。

カフェインを除去できるのですが、発ガン性などの危険性が言われているため日本では禁止されています。

なので、国内で買う分には安心していいと思うのですが、海外では使われている場合もあるので、お土産でデカフェコーヒーを買う際には注意が必要です。

 

二酸化炭素を使った方法

超臨界流体(気体と液体の両方の性質を兼ね備えたもの)と呼ばれる状態にした二酸化炭素でカフェインを除去する方法です。

薬品を使わないので、極めて安全ですくれたカフェイン除去方法だとされています。

他にも、水と薬を使う方法などもありますが、そもそもカフェインは本当に体に悪いのでしょうか?

 

カフェインって本当に体に悪いの?

これは、その人の体質にもよるのでなんとも言えないのですが、適正量であれば体にいい影響をもたらすこともあるんですよ。

日本人はカフェイン耐性がある人が多いので、カフェインを取り除くと言われてもピンとこない人も多いと思いますが、海外ではカフェイン酔う人が多いのでカフェインフリーが一般的になったんです。

カフェインの効果って?

・覚醒作用
・利尿作用
・集中力アップ
・脂肪燃焼効果
・血流改善
・筋肉疲労の回復

では、体に悪い影響を与えない量はどの程度なのでしょうか?

 

カフェインの適正量は?

カフェインの適正量は、体重によって変わってきます。

成人で体重60kgの人であれば1日342mgが目安量となっています。

これは、1日に体重1kgあたり5.7mgが上限となるためで、自分の体重に5.7をかけてみてください。

また妊娠・授乳中などのカフェインを控えるべきだと言われている人で、1日200mgとされています。

 

では、コーヒーのカフェイン量は?

コーヒーのカフェイン量は、100mlあたりで60mgです。

そして、カフェインが含まれているのはコーヒーだけではありません。

緑茶や紅茶などのお茶そしてチョコレートにもカフェインは含まれています。

(伊右衛門のペットボトルで100mlあたり10mg/紅茶は同量で30mg)

仕事をしているとついついのみがちな缶コーヒーは小さいもので一本あたり100〜150mgなので、缶コーヒーは1日1本までにしたいですね。

このように、カフェインが必ずしも健康によくないわけではないんです。

 

 

スタバのデカフェは美味しい?

私も最初はスタバのデカフェを飲んでいましたが、味は美味しいというか普通のコーヒーですよ。

旦那に飲ませたところ「苦味が強くて好きじゃない」と言われたので、好みが分かれる味なんでしょうね。

ただ、スタバのデカフェはそこまで安くないし、保存方法を間違うと、風味が一気に飛んでしまいます。

それなら、一回一回入れられる物の方がいいのかなと思って、スタバのはやめました。

スーパーで買えるものは、スーパーに置いてある期間がわからないので、買った時点で古い可能性もありますし。

では、安全なデカフェはどこで買えるのでしょうか?

 

 

安全なデカフェはどこで買えるの?

日本では、危険な薬品を使った製法は禁止されているので国内で買えるものは安心していいと思います。

そのほかのカビ毒に関しては、よくわからないです。

私もオーガニックのデカフェも試しましたが、美味しくないんですよね・・。

せっかく飲むなら美味しく飲みたいと色々試しました。

大麦コーヒー・たんぽぽコーヒー・オーガニックデカフェ・デカフェなどなど・・。

その中でも普通に飲みやすかったのが、ネスカフェゴールドブレンドのデカフェです。

これは本当に味が変わらなかったので、妊娠・授乳中はずっと愛用していました。

ただ、これのネックなのが一般のゴールドブレンドよりも高いことですね。

元々カフェイン耐性がある方なので、授乳が終わったら普通のに戻しちゃいました(笑)

もし、通販で少しだけお金をかけても、安全な物を飲みたいと思う方へ、カフェインがダメな友人がおすすめしていた物をご紹介します。

私の友人はカフェインが全くダメで、デカフェと言っても少しはカフェインが入っていますよね。

その少しのカフェインでも、気持ち悪くなるほど。

そんな友人が「デカフェ探してるなら、これいいよー」とおすすめしてくれたのが

「ハーバルコーヒーティーチーノ」

私も、このハーバルコーヒーティーチーノを、少し調べてみました。

このハーバルコーヒーティーチーノは、コーヒー豆を使っていないので、100%ノンカフェイン!

しかも、甘いフレーバーがあるのに、無添加でオーガニックという体のことを徹底的に考えられた製品なんです。

そして、アメリカ農務省のオーガニック認証をはじめ、様々なオーガニック認証を受賞しています。

さらに、多くの医師や学者さんがおすすめしているんです。

カフェインがダメな私の友人の愛用品ということだったので、おすすめさせていただきました。

気になる方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

全米No1ハーバルコーヒーティーチーノ

 

 

まとめ

  • 元々カフェインが入っているかどうかで呼び方が変わる
  • カフェインの除去方法は様々。
  • カフェインが体に悪いかというとそんなことはない
  • カフェイン耐性がない人や体に合わない人は気をつけたほうがいい

デカフェコーヒーも技術の進歩で美味しいものが増えました。

昼間と寝る前とでデカフェと通常のコーヒーで使い分けるのもいいですよね。

私も今は、朝の1杯だけカフェインありでそのほかの時間に飲むものはデカフェを利用しています。

今のデカフェは、本当に味が美味しくなっているので、おすすめです。

もし、カフェインがダメで、ノンカフェインのものを探しているということなら、私の友人がおすすめしているオーガニックノンカフェインコーヒーはいかがですか?

全米No1ハーバルコーヒーティーチーノ

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

 

広告

-コーヒー

Copyright© Caffè e tè , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.